ズバリ的中☆ネリエ作戦で年無しゲット〜大分県佐伯市鶴見

 釣行日データ 

釣り人 副 洋祐 釣行日時 2019年3月24日
釣り場  大分県佐伯市鶴見網干場 天気 晴れ
大潮 使用船 速見丸

マルキユースタッフ懇親会に参加、大分県鶴見湾内の磯でチヌ釣りを行いました。
くじ引きの結果、当サイトでお馴染みの万里くんと同礁することに。
二人で上がったのは、知る人ぞ知るチヌの穴場、「網干場」でした。

「網干場」は、白崎とトギレの間の湾奥にあり、チヌ釣り大会での実績があるポイントです。
周辺の釣り場に比べると日ムラがあるものの、ハマれば数も型も出る特徴があります。

午前6時30分から釣りを開始。
横からの強風がとてもきついことから、釣りが成立するかが心配になります。
しかし、仕掛けが底潮をつかむと強風に負けずに沖へ、沖へとしっかり流れてくれて、この潮が続けばなんとかチヌが釣れそうな気持ちになりました。
マキエが効き始めると、フグやハゲ類の猛襲が始まり仕掛けの沈下中に付けエサのオキアミを瞬く間に取られ続けます。
ネリエに替えてみてもフグが貪欲にかじり続けて、何度もハリまで取られてしまいました。

一般的にフグが多いときにネリエはターゲットになりやすいことから、付けエサとして使うのを避けるのがセオリーです。
が、私の経験上、春先の大分県南部のチヌ釣り場は大きめのネリエを使うと大型チヌが釣れる確率が高まるとの考えがあります。
フグが多いものの、ネリエをメインに使い続けることで大型チヌを引き出す作戦を行うことを私は決断しました。

釣りを開始して1時間ほど経過すると、まずは万里くんが40cmクラスをタモ入れしました。
万里くんの使用エサは「食い渋りイエロー」とのこと。
風があるもののなんとなくチヌの出そうな雰囲気があり、
「太陽が昇って暖かくなれば、チヌが釣れるのでは?」と万里くんと話し合いました。

その1時間後の午前8時半頃、穂先から垂れていた道糸が怪しい動きを見せます。
スウッと少しだけ沖に伸びて、少しの間を置いて再びスウッ…。
即座にアワセを入れるとチヌらしき手応えがありますが、重量感がありません。
沖ですぐに浮いたのは、30cmクラスのかわいいチヌでした。
まずは一枚釣れたことに一安心。
使用エサは「食い渋りイエロー」でした。

ようやく万里くんに追いついたものの、すぐに万里くんが40cmクラスを追加して再び大きく引き離されました。
使用エサは「食い渋りイエロー」とのこと。

チヌは時合いに集中することが多いですが、ここ「網干場」は特にその傾向が強いと認識していたので、集中力をより高めて海と向き合います。
すると、仕掛けを投入してから約50秒、ツケエが着底せずに底付近を漂っている頃合いに穂先から垂れた糸が沖へと伸びました。
チヌのアタリだと確信してアワセを入れると、今度はかなりの重量感が竿尻にズシンと伝わりました。
リールのハンドルに手をかけるより前に魚は一気に横走り!
逃すわけにはいきません。
ハンドルをガンガン巻いて竿でいなしながらチヌの頭をできるだけ速く、こちらに向けさせます。
浅場でのラインブレイクを回避して浮かせたのは、50cmクラスの丸々と太ったチヌでした。

使用エサは「エサ持ちイエロー」と「高集魚レッド」のマーブル。
平型にしてヒラヒラと中層を沈下させて、チヌの視覚にアピールさせました。

港に戻ってからの検量の結果、大型チヌのおかげで運良くスタッフ会チヌの部で優勝することができました。
最後にスタッフ会に参加されたみなさん、船長さん、ありがとうございました。

 使用した配合エサ&付けエサ 

撒きエサ:「チヌパワーV10白チヌ」(1袋)+「チヌパワームギスペシャル」(1袋)+「爆寄せチヌ」(1袋)+オキアミ 6kg(3kg×2枚) +海水 適量

「チヌパワーV10白チヌ」の白い煙幕、「チヌパワームギスペシャル」の5色のムギによる視覚効果。「爆寄せチヌ」の高い集魚力をそれぞれ重視。
「爆寄せチヌ」の粘りのおかげで、マキエ作成時の練る時間を短縮できた。

付けエサ:「くわせオキアミスーパーハードチヌ」、「特鮮むきエビ」、「食い渋りイエロー」、「エサ持ちイエロー」、「高集魚レッド」

オキアミ系のエサでスタートしたものの、エサ取りの猛襲で狙いのタナまで持たず。
春の大分県南では大型チヌがネリエに好反応を示すことから、ネリエをメインに釣りを組み立てた。
1枚目は「食い渋りイエロー」、2枚目は「エサ持ちイエロー」と「高集魚レッド」のブレンドでそれぞれチヌを釣ることができた。

 仕掛け 

タックルワンポイント

風が強いことから、ロングハリス&マイナス浮力のウキで仕掛けを沈めることにした。

 釣りをした人 

副 洋祐(そい ようすけ)フィールドスタッフ
大型チヌを釣ることにひと一倍情熱をかたむける。
大分県佐伯市の堤防や地磯周りのチヌ釣りを得意とする。
春のデカバンシーズンには、寝る間を惜しんで大分県南のチヌ釣り場に通う。
夢は日本記録のチヌを釣ること。
大分県大分市在住。
副 洋祐さんの関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

「グレパワー沖撃ちスペシャル」登場!

新登場!グレパワー沖撃ちスペシャル

ピックアップ記事

  1. M1決勝戦間近の鶴見、53&51cmチヌをダブルヒット!〜大分県鶴見

     釣行日データ  釣り人 副 洋祐 釣行日時 2019年5月12日 釣…
  2. 近場で手軽にアクセス、33cmまでのグレの数釣り〜大分県津久見市武道館裏

     釣行日データ  釣り人 福本 勉 釣行日時 2019年8月18日 釣…
  3. 誘って焦らして、チヌの数釣り〜長崎県北九十九島

     釣行日データ  釣り人 小林一史 釣行日時 2019年3月15日 釣…
  4. 53cmを筆頭に、年無しチヌWヒット〜長崎県南九十九島

     釣行日データ  釣り人 百合野 崇 釣行日時 2019年10月14日 …
  5. 三連休は息子とチヌ釣り!38〜46cm級を8枚〜山口県周防大島

     釣行日データ  釣り人 藤井 孝男 釣行日時 2019年9月15日 …
  6. 夏チヌ攻略、食い渋りチヌとの思わぬ駆け引き〜大分県坂ノ市一文字

     釣行日データ  釣り人 城本 透 釣行日時 2019年8月16日 釣…
  7. 強風に負けないマキエ作りでグレの数釣り〜長崎県上五島有川

     釣行日データ  釣り人 森 正和 釣行日時 2019年1月27日 釣…
ページ上部へ戻る