【釣り場解説】網干し場 大分県佐伯市鶴見湾内

釣り場解説

ポイントを表示

網干し場

網干し場は満ち潮のポイント
釣り座①(船着け)は沖に出る潮に乗せて、竿1本半強のタナを探るのがよいです。
沖に出る潮が発生しないときは、20〜30m程度遠投して狙いましょう。

釣り座②は、定置網方向に遠投するか、もしくは15m程沖を狙うのがよいでしょう。
主なエサ盗りはハギ類、フグ、チャリ子などで、たくさんの種類の付けエサを持参するようにしましょう。
また、付けエサの付け方の工夫も釣果アップのキモです。

副 洋祐(そい ようすけ)フィールドスタッフ
大型チヌを釣ることにひと一倍情熱をかたむける。
大分県佐伯市の堤防や地磯周りのチヌ釣りを得意とする。
春のデカバンシーズンには、寝る間を惜しんで大分県南のチヌ釣り場に通う。
夢は日本記録のチヌを釣ること。
大分県大分市在住。
副 洋祐さんの関連記事