【釣り場解説】横島1番 佐伯市米水津

米水津

横島1番

上礁は3~5人推奨。

一帯は上げ下げどちらの潮も狙え、釣果も間違いない釣場です。
特に良いのが下げ潮です。
下潮は鶴見半島から蒲江方向で、日によってゆっくりの流れもあれば、ダイナミックな釣りをやれる速い流れのときもあります。

沖向きの立ち位置は、船着きと横島2番側の一段低い場所です。
ただし、ウネリがある場合は波が這い上がって来ることがあるので要注意です。

沖向きの場合、満ち潮は当て潮になることが多いです。
当て潮のときは沖目に仕掛けを投入して、際で落ち着かせるイメージで釣ると足元でアタリが出ます。
当て潮では流れが足元で跳ね返って鶴見半島方向へ流れる潮が発生することがあります。
その流れに仕掛けを馴染ませて流すと、沖目でクロがヒットします。
良型は左手のハナレ方向に走るので、ハリスの根擦れに注意してください。

下げ潮は蒲江方向に右流れが発生します。
足元から引かれる潮や潮目がはっきりと出るときは、そのポイントをダイレクトに狙うと釣果が得られます。
潮目が沖目に出来る場合もあるので、遠投で狙うとよいです。

下げ潮で流れが強くて仕掛けが浮きやすい場合は、ガン玉をハリスに打ったりマイナス浮力のウキを使うことをオススメします。
際で魚が見えずエサを取られないからと言って棚を深くするのではなく、遠投で浅い棚を狙って、それでもエサが残る場合には深く入れ込んでいくようにすると良いです。
流れの中でマキエも浮きあがり沖でエサが溜り魚が浮いている場合があるので!
※際にしかマキエ入れてないのに沖にカモメが集まる場合は要チェックです!

裏側が一番の大物ポイント!

横島1番で型を狙うなら!裏!と言う方も多いのではないでしょうか?
上げ潮の時間帯に横島本島との水道から半島方向へ流れる潮に引かれ潮が発生するのでその流れに乗せると良型がヒットします。
当潮でも際でヒットするので両潮狙って見ても良いかもです。
※船付け&裏のポイントは足元が滑りやすいので注意が必要です。

万里 達也(まんり たつや)フィールドスタッフ
ホームグラウンドは福岡県の堤防、大分県の磯。
グレ釣りをメインに釣りを楽しむ。
釣った魚を美味しく食べることにも、釣技以上にこだわる。
福岡県在住。
万里達也さんの関連記事
ブログ:まんちゃんの釣り日記