【釣り場解説】立瀬 長崎県平戸市宮ノ浦

釣り場解説

ポイントを表示

立瀬

推奨2名。
宮之浦エリアでも高い人気と実績を誇り、なかなか乗ることができないA級ポイント
上げ下げ共に速い本流が磯周辺を流れ、磯周りには本流、引かれ潮など海況の変化がめまぐるしく、攻略するのが難しくもありおもしろい磯です。
足場が低いためウネリがある時は渡礁できないことが多々ありますが、渡礁できれば大型のグレ、マダイを期待できます。

立瀬周辺はエサ取りのスズメダイがとても多いです。
足元のマキエを怠ると、スズメダイが本命用の沖に打ったマキエにも反応して沖までエサ取りだらけになることがあります。
エサ取り用のマキエを常に打ち続けるようにしてください。

グレの個体数が多い磯ですが、潮加減によっては浅ダナがコッパグレだらけになることがあります。
重い仕掛けとガン玉調整で仕掛けを立てる事もサイズアップへの有効打になる事が多いと感じます。

釣り場のメインは沖向きの2ヶ所です。


釣り座①
個人的には釣り座①からの下げ潮での釣果がよいと感じます。
下げ潮本流の中でアベレージサイズのグレがよく釣れます。
サイズアップを狙うのであれば、本流に差し込む引かれ潮に仕掛けを少し深く入れ込んでいくとよいでしょう。


釣り座
下げ潮では当て潮になるため、とても釣り辛いです。
阿値賀方向へ流れる上げ潮が本命になります。


釣り座③ ④
水道側でも釣りは可能でグレがよくヒットしますが、水深が浅く日が昇ると小型のグレが主体となってしまいます。
そのため、水道側での狙いは夜から朝方にかけてがよいでしょう。

金澤 勇斗(かなざわ ゆうと)フィールドスタッフ
ホームグラウンドは長崎県の磯。
幼少時からグレ、チヌをメインにフカセ釣りを楽しむ。
近年はグレ釣り大会への参加にも熱心、日々釣り技術の向上を図っている。
長崎県長崎市在住。
金澤勇斗さんの関連記事