【釣り場解説】山ノ下 大分県佐伯市鶴見湾内

釣り場解説

ポイントを表示

山ノ下

「山ノ下」での推奨人数は3人まで。
釣り座①(船着け)はシモリ付近が狙い目で、竿1本強のタナを丹念に探るようにしましょう。
チヌの数だけでなく、型も望めるポイントです。

釣り座②は遠投のポイントです。
足下からハエ根の張り出しがあり、その先の落ち込みがポイントとなります。
6〜7mのタナで探るとよいでしょう。
時期によってはチヌが浮く傾向が高いので、軽い仕掛けで浅く探るのが好釣果に繋がることがあります。

釣り座③(奥)は足場が悪いので、移動に注意しましょう。
満ち潮がよい傾向があります。
定置網方向へと出て行く流れが特によいです。
タナは竿1本半弱で、シモリ付近や沖の潮に乗せて探るのがよいでしょう。

「山ノ下」では全体的に砂地で、濁りが発生したときに大型チヌがヒットする確率が高まります。

副 洋祐(そい ようすけ)フィールドスタッフ
大型チヌを釣ることにひと一倍情熱をかたむける。
大分県佐伯市の堤防や地磯周りのチヌ釣りを得意とする。
春のデカバンシーズンには、寝る間を惜しんで大分県南のチヌ釣り場に通う。
夢は日本記録のチヌを釣ること。
大分県大分市在住。
副 洋祐さんの関連記事

ここでの釣り動画

【九州FUKASE】大分県佐伯市鶴見、2020初春のチヌ釣り 後編