春チヌのハシリを求めて西へ、チヌの動きが活発化の兆し?長崎県北九十九島

 釣行日データ 

釣り人 福本 勉 釣行日時 2019年2月17日
釣り場 長崎県北九十九島
クジラの左の岩
天気 晴れ
中潮 使用船 石井釣センター

ホームグランドの大分県を遠く離れ、MFG九州チヌ釣り大会に参加のために長崎県北九十九島へ釣行しました。
私にとっては3月に開催されるM1チヌ予選北九十九島会場(毎年抽選漏れしていました)への前哨戦も兼ねているので、いつも以上に気合のこもった夜明けを迎えることになりました。

北風が治まり、無風・べた凪。
コンディションは抜群です。
しかし、夜が明けて足元をみると湖のように透明度が高く、かなり沖の方まで海底がしっかりと見えます。
透明度が高いということは、海水温がかなり低そうです。
一抹の不安を覚えながら、釣りを開始しました。

足元にマキエを打ち込んでみたものの、予想通りに生体反応がほとんどありません。
付けエサのオキアミはしばらくの間、丸残りでしたが太陽がしっかりと顔を出したころから、アタリが出ないもののオキアミをかじられるようになりました。
食み跡から推測するとおそらく、ベラなのでしょう。
試しにネリエを投入してみると、今度はフグがハリ掛かりしました。
エサ取りが姿を現わすのはチヌ釣りには好材料!
状況を前向きに捉えて、仕掛けを打ち返し続けました。

すると、底潮がやや動き始めた頃合いに、同行していた藪田くんが大きく竿を曲げます!
元気なチヌを上手にいなしながら薮田くんが釣り上げたのは、45㎝弱のチヌでした。
付けエサは、「くわせ丸エビイエロー」とのこと。

時合い到来を期待して、私も懸命に仕掛けを打ち返します。
仕掛けを何度か打ち返していると、付けエサのフォール中にかじられるような違和感を感じました。
そこで、もう少しだけ速く付けエサが沈下すること、もう少しだけハリスに張りを作ることをねらって、ハリ上30㎝のところにG8のガン玉を打ってみました。

すると、ガン玉を打った直後、付けエサが着底した頃合いに穂先から垂れていた道糸がスウッと沖へ伸びて、魚のアタリを知らせてくれました。
ビシッと鋭いアワセを入れると、この日一番の魚の手応えを感じます!
手応えを存分に楽しみながらタモ入れしたのは、予想通りの40㎝大のチヌでした。
薮田くんよりも小さいチヌであったものの、一匹目をやっと釣ったこともあり、とてもうれしい一枚となりました。
使用した付けエサは、「くわせオキアミスペシャルチヌ」でした。

その後、時合いが到来して13時の納竿までに私が1枚、藪田くんが2枚を追加しました。
大会の結果(1枚検量)、私はいまいちでしたが、藪田くんは好成績の21位でした。

今回の大会では18位までがセミファイナルへの出場権を獲得、藪田くんは上位選手3人のキャンセルがあれば、セミファイナルに出場できます。
藪田くんはセミファイナルに出場できる可能性がとても高いと思うので、もし出場できたなら、私の分まで存分に釣りまくってほしいです^ ^

前評判があまりよくなかった北九十九島でしたが、私たちも複数枚のチヌを釣ることができたし、他の方々も数釣りを楽しんでいたようです。
北九十九島のチヌの本格始動を体感できた長崎釣行でした。

最後に、大会に参加された皆さま、関係者の皆さま、たいへんお世話になりありがとうございました。

 使用した配合エサ 

「チヌグルメ」(2袋)+「湾チヌスペシャル」(2袋)+オキアミ 9kg(3kg×3枚)+海水 適量

濁りが強い「湾チヌスペシャル」と匂いが強い「チヌグルメ」を混ぜて、お互いの強みを強調したブレンド。
個人的には「チヌグルメ」の匂いがチヌをよく集めてくれると実感している。
また、「チヌグルメ」はリーズナブルなので、少ないお小遣いの私にとって、とてもありがたい配合エサでもある。

 使用した付けエサ 

「くわせオキアミスペシャルチヌ」、「食い渋りイエロー」、「高集魚レッド」

私が釣った2枚のチヌはいずれも「くわせオキアミスペシャルチヌ」を使用。
遠投で釣ったので、オキアミが外れにくい背掛けで付けエサをセット。
また。藪田くんが釣った3枚のチヌは「くわせ丸えびイエロー」、「くわせオキアミスーパーハードL」、「くわせオキアミスーパーハードチヌ」とのことでした。
ネリエでの釣果はなかったが、海水温が上昇を始める3月からはネリエが必須です。

 仕掛け 

 

タックルワンポイント

マイナス浮力のウキ(「Gz遠投 02」ZAXIS)を使ったズボ釣りで狙った。
ハリの30cm上にG8のガン玉を打ってからチヌを釣ることができた。
付けエサの沈下速度やハリスの張り具合が、釣果の決め手になったのかもしれない。

福本 勉(ふくもと つとむ)フィールドスタッフ
ホームグラウンドは大分県の磯、
堤防。週末にフカセ釣りを楽しむサンデーフィッシャー。
最近は大分市内の手軽な釣り場でのチヌ釣りを研究中。
大分県大分市在住。
福本勉さんの関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

「グレパワー沖撃ちスペシャル」登場!

新登場!グレパワー沖撃ちスペシャル

ピックアップ記事

  1. オナガ乱舞の夏磯、45cmアップ登場!〜長崎県大瀬戸町五郎ケ島

     釣行日データ  釣り人 丸本 龍郎、金澤 勇斗(執筆者) 釣行日時 2019年…
  2. 晩秋の米水津トリノス、マキエに湧き上がる中型グロ

    晩秋の米水津、トリノス 2018年10月○日、初秋の米水津でグレの様子見釣行。 秋の米水津は各メ…
  3. 2019年の幕開けは大ピンチ?瀬替わりしてからの拾い釣りで納得の初釣り〜大分県米水津

     釣行日データ  釣り人 福本 勉 釣行日時 2019年1月2日 釣り…
  4. 関門名物の梅雨マダイ、ひと足早いハシリを攻略!〜北九州市西海岸

     釣行日データ  釣り人 有本亮一 釣行日時 2019年5月25日 釣…
  5. 荒食いブラウン&チヌパワーVSP、小林一史インストラクターによる実釣解説

     釣行日データ  釣り人 小林 一史 釣行日時 2019年3月1日 釣…
  6. 納竿前のワン・チャンス、52cmチヌが登場〜長崎県鷹島

     釣行日データ  釣り人 宮原 浩 釣行日時 2019年5月2日 …
  7. グレの不在時はチヌにアプローチ??〜山口県蓋井島

     釣行日データ  釣り人 万里 達也 釣行日時 2019年5月3日 …
ページ上部へ戻る