【釣り場解説】横島5〜8番、中の鼻、清松 大分県佐伯市米水津

米水津

沖横島の5番〜8番にかけては、上げ潮が本命です。
特に5番周辺と7番はグレが爆釣するケースが多々あります。
また、潮の大小によって流れの向きが変わりますが、上げ潮は概ね横島3番方向に流れます。
グレは全体的に、竿一本半以内で当たってきます。

ポイントを表示

5番水道

上げ潮の本流筋に仕掛けを乗せて流し込む釣りをするとグレ、マダイ、イサキが釣れます。
沖の50〜100mにかけて沈み瀬が点在しているので、沈み瀬に当たる潮の角度が上手くマッチすれば、仕掛けの届く範囲で良型グレがヒットする確率が高まります。

5番ハナレ

5番ハナレは、上げ潮も下げ潮もグレを狙えます。
ただし、上げ潮の方がグレがよく釣れる傾向があります。
5番水道との間に点在している沈み瀬で、大型グレの実績が高いです。

5番

5番は、上げ潮も下げ潮もグレを狙えますが、本命潮は上げ潮です。
この周辺の磯の中では特に、グレの魚影がとても濃いポイントです。
足下と遠投を上手く釣り分けて攻めることができれば、グレが一日中釣れることがあります(ハイシーズン)。


ポイントを表示

6番

6番は、上げ潮も下げ潮もグレを狙えますが、本命潮は上げ潮です。
シケたときは本命釣り座である先端で釣りができないので、ナギにおすすめのポイントです。
型よりも数釣りのポイントで、いわゆる横島サイズ(30cm前後)がよく釣れます。

中の鼻

中の鼻は、上げ潮も下げ潮もグレを狙えますが、本命潮は上げ潮です。
6番周りの沈み瀬に仕掛けを流し込むと、アタリが頻発する傾向があります。
7番向きに潮が流れるときは、裏向きから遠投で竿出しするとグレがよく釣れます。


ポイントを表示

7番

7番は、上げ潮も下げ潮もグレを狙えますが、本命潮は上げ潮です。
釣り座から15〜20mに沖にある沈み瀬で、グレがよく釣れる傾向があります。
グレのタナは比較的浅く、竿1本以内のことが多いです。
潮の大小にもよりますが一日中左流れのときに、グレが爆釣することがあります。

8番

8番は、上げ潮も下げ潮もグレを狙えます。
ワンドになってることから、真冬に大型グレが釣れる実績があります。
また砂地があることから、遠投でマダイが釣れる実績もあります。
春にはチヌもよく釣れるポイントです。


清松

ポイントを表示

清松は、横島周辺では唯一、下げ潮が本命です。
下げ潮では本流がガンガン流れるので、仕掛けを安定させて潮に乗せるとグレの数釣りを楽しめます(ハイシーズン)。
時期によってはイサキの実績も高いです。
上げ潮は非常に釣りにくいですが、裏の本流を流してもクロが釣れることがあります。
※基本的には、下げ潮限定の釣り場です。

城本 透(しろもと とおる)フィールドスタッフ
年間を通じてグレ釣りをメインに磯釣り楽しみ、グレ釣りトーナメントにも積極的に取り組む。
近年では近場の坂ノ市一文字でのチヌ釣りや鮎掛けにも興味を持ち、四季に応じた釣りを楽しんでいる。
大分県大分市在住。
城本透さんの関連記事
ブログ:自分らしく