梅雨グレ開幕!気紛れなグレ、思わぬ深ダナ攻略〜大分県佐伯市米水津

グレ・クロ

 釣行日データ 

釣り人 福本 勉、城本透 釣行日時 2020年6月7日
釣り場 大分県佐伯市
米水津横島4番
天気 くもり
大潮 使用船 えびす丸

新型コロナウィルスの影響で緊急事態宣言が発令して全てにおいて自粛していましたが、ようやく解除になり久しぶりにホームの米水津にグレ釣りに行ってきました。

「えびす丸」船長に連絡してみると、なんと当番瀬である「横島4番」が空いてるとのこと。
ご厚意に甘えて予約完了し、当日は同フィールドスタッフの城本透さんと私の友人の笠置さんの3名で渡りました。

横島4番の本命潮は下げ。
当日は朝7時が満潮で午後2時が干潮の最高のシチュエーションです。

梅雨グレが開幕したばかりの米水津。
この時期の横島周りのグレ釣りは、手元から道糸が弾け飛ぶ、アグレッシブなアタリを楽しめるはず。
期待に胸を膨らませての朝マヅメでしたが、なぜかグレが不発。
潮の流れがないせいでしょうか?

満潮から下げに替わってもグレのアタリがないまま、時間が過ぎます。
本来であれば沖黒島方向へ突っ走るはずの下げ潮が、なかなか現れません。
仕掛けを深く入れ込んで様子見していると、底潮が若干動いた瞬間に隣で竿出ししていた城本さんが竿を曲げました。
サイズは30cm弱、いわゆる横島サイズです。
すると、私にも遂にグレのファーストヒット!
横島サイズで、タナは竿1本半でした。
アタリは比較的明確なものの、横島周りの梅雨グレ本来の糸バチではありませんでした。

良型グレを釣った城本さん

 

同行した笠置さん。良型グレです!

この日は結局、竿1本〜2本のタナでグレを拾い釣りした1日でした。
アグレッシブなアタリを期待していましたが、「横島4番」での思わぬ深ダナ攻略も興味深かったです。

グレを釣った筆者

この日は30cmクラスを主体に数釣りを楽しみ、40cm弱のグレが全員に1枚ずつ混じりました。
米水津の梅雨グレが始まったばかりです。
みなさんも梅雨グレ狙いに磯へ出かけませんか?

イサキも釣れましたよー!

 使用した配合エサ&付けエサ 

「爆寄せグレ」(1袋)+「グレパワーV11」(1袋)+オキアミ 2角(3kg×2枚)+海水 適量

集魚力と固形物にこだわった配合エサのセレクト。
「爆寄せグレ」は視覚にアピールする粗い粒子が深くまで入るので、グレの型狙いにオススメ。
「グレパワーV11」はグレを浮かせる効果が高いペレットである『M.S.P(マルキユー・シンクロ・ペレット)』を大量に配合。

グレの食い込みがよかった付けエサは、「活性起爆材グレ」にまぶして漬け込んだオキアミでした。

 仕掛け 

竿:がま磯/マスターモデル口太 M-50、リール:シマノ/BB-Xテクニウム2500DXG S LEFT、ライン:東レ/SS アイサイト1,5号、ハリス:東レ/スーパーL・EX HYPER1.5号、ウキ:ZAXIS/Gzタイプ1 0号、ハリ:がまかつ/TKO 4号
福本 勉(ふくもと つとむ)フィールドスタッフ
ホームグラウンドは大分県の磯、
堤防。週末にフカセ釣りを楽しむサンデーフィッシャー。
最近は大分市内の手軽な釣り場でのチヌ釣りを研究中。
大分県大分市在住。
福本勉さんの関連記事