団竹の南〜長崎県佐世保市北九十九島

北九十九島

ポイントを表示

団竹の南

北の風が吹く時の風裏ポイントとなります。
上礁人数は最大6名ほど、ベストは2〜3名がよいです。
上げ潮は左流れ、下げ潮は右流れとなります。
エサ取りはアラカブに、チャリコが多いです。
足場がとてもよい、広い磯となります。


釣り座①
手前から沖に向かってゆっくりと落ち込んでいます。
10m程先で水深7mほど。
できるだけ遠投して、マキエを底付近に溜めて釣るとよいでしょう。

釣り座②、③
船付けの②と③は、真珠棚のキワをポイントにするとよいでしょう。
真珠棚付近の水深は8mほど。
干潮の潮止まりが狙い目です。
下げ潮の右流れの時に良くチヌがアタります。
ここのポイントは根がかりしやすいので、ウキを無くさないよう注意が必要です。
年間を通して基本は、底付近を狙います。
寒の時期などは底を這わせて釣ると良いでしょう。

山口 博之(やまぐち ひろゆき)フィールドスタッフ
ホームグランドは長崎県の九十九島、宮之浦、五島列島。
グレやチヌなど、フカセ釣りをメインに年中釣りを楽しむ。
グレやチヌのトーナメントにも積極的に参加し、釣技の向上を目指す。
食べることと魚釣りが人一倍大好き。
NO FISHING NO LIFE!
山口博之さんの関連記事
→ブログ:釣り行かん?