【釣り場解説】トギレ 大分県佐伯市鶴見湾内

釣り場解説

本トギレ

本トギレは両潮を狙えます。
特によいのが、上げの沖に出る流れです。
チヌ狙いの場合、釣り座①はカケアガリ付近を竿1本程のタナで探るとよいです。
釣り座②は潮筋に乗せて、竿1本半〜2本のタナを探ります。
また、当て潮のときは足下から深みになっているので、際を攻めるとよいです。
チヌの乗っ込み時には型、数ともによいです。
春のチヌ釣り大会でよく使われるポイントですが、チヌ釣りのときに40cmオーバーのグレが出ることもあります。
初夏にはグレの数釣りを楽しめます。

トギレのハナレ

トギレのハナレは引き潮のポイントで、左沖に出る潮に乗せましょう。
釣り座の正面の15m〜20m沖、竿2本のタナを探るとよいですが時期によってはチヌが浮くので、そのときは軽い仕掛けで付けエサをゆっくり落としましょう。

トギレの中、トギレの中の中

遠投のチヌ釣りポイントです。
30m沖、竿1本半のタナをイメージしましょう。
また、高水温時には軽い仕掛けでゆっくり探るとよい傾向があります。
沖がシケて濁りが発生したときには、大型チヌの一発を期待できます。

副 洋祐(そい ようすけ)フィールドスタッフ
大型チヌを釣ることにひと一倍情熱をかたむける。
大分県佐伯市の堤防や地磯周りのチヌ釣りを得意とする。
春のデカバンシーズンには、寝る間を惜しんで大分県南のチヌ釣り場に通う。
夢は日本記録のチヌを釣ること。
大分県大分市在住。
副 洋祐さんの関連記事